本文へ移動

会社案内

会長挨拶

<会社方針>

弊社は創業以来、チタンの溶接加工、機械加工、組立等を主力事業として歩んで参りました。
そして、チタンのさらなる発展に向けて、チタンの用途を広げてまいりました。
長年培われたチタンの加工技術・経験を生かし、何事にも 実意丁寧に取り組み、
お客様が求める製品を素早く対応し、お届けしていきたいと考えております。
よろしくお願い申し上げます。

<環境方針>

チタンは、軽くて耐食性に優れた性質があり、一貫して耐蝕機器の製造に携わっていました。
今日、高度に発達した工業化社会は、「地球環境の破壊」を招き、今後の産業発達において、
地球環境保全との両立が、世界的な合意になっています。
このような背景の中で、当社は、まさに地球環境保全の一翼を担う製品を社会に提供して
きたことになります。
われわれは、地球環境問題が人類環境の最重要課題であることを認識し、
環境保全技術の向上を図り、全ての事業活動において、地球にやさしいチタンを使った
製品作り・サービスを進め、地球環境との調和することを基本理念として確立いたします。

<環境方針指針>

このような基本的な考え方に基づいて、次の通り「環境保全行動指針」を定め、
地球環境保全と環境汚染の予防に取組みます。
 
1.地球温暖化防止のための省エネルギー活動を促進する。
2.禁止化学物質を使用しない。
3.製品のリサイクル及び廃棄ごみの最小化を進め、省資源化を推進する。
3.チタン製品の利用を促進し、ライフサイクルにおける環境付加の最小化を目指す。
4.人及び環境にやさしい製品作りを進める。
この方針は、教育を通じ、全従業員に周知し、実行していくこととします。

会社概要

■会社名新金属工業株式会社
■所在地〒561-0843 大阪府豊中市上津島1丁目11-11
■電話番号06-6866-1191
■FAX番号06-6862-9731
■代表者代表取締役 岡田 浩一
■設立年月日1987年11月1日
■資本金1,000万円
■従業員数11名
■業務内容
チタン等新金属材料の販売及び溶接・加工品の製造
◆チタン・チタン合金・その他新金属材料(タンタル・ハステロイ ・ジルコニウム)の販売  
 チタン・チタン合金:板・棒・線・パイプ・四角・六角他異形材  
 チタン溶接棒(TIG,MIG)・チタンバネ材・チタンラス・チタンボルトナット
◆チタンターゲットの加工販売  
 液晶ほかFDP用チタンターゲット・半導体,光学用チタンチップ
◆チタン電極の加工販売  工業用各種電極(GL電極・ETL電極)・放電管
◆チタン、ステンレス、その他新金属の溶接・製品加工  
 タンク等防食のためのチタンライニング  チタンタンク・第2種圧力容器・熱交換器等 
 工場設備の製造  チタンパイプ製造・現地配管工事・チタンエルボ、フランジ等部品製造   チタンバスケット・メッキ槽製造  チタン製医療器具・特殊部品加工  
 チタン製モニュメント・サインボード製作加工  チタン製海洋関連部品の製作  
 チタン製民生品の製作  その他 チタン製品の試作・開発  大学・研究所等実験設備の製作
■取引銀行 三井住友銀行 庄内支店 尼崎信用金庫 園田支店
■主要取引先
(1)永和金属株式会社(住友金属工業株式会社)
(2)大和特殊鋼株式会社(大同特殊鋼株式会社)
(3)小田鋼機株式会社(愛知製鋼株式会社 株式会社神戸製鋼所)
(4)信栄機鋼株式会社(新日本製鉄株式会社)
(5)豫洲短板産業株式会社(愛知製鋼株式会社)

会社沿革

1975年3月
(株)ニチエン化工において、(株)神戸製鋼所のチタン溶接の技術指導
(1ケ月間、5名)を受け、技術を取得し、チタン機器の製作を始める。
1985年10月
(株)ニチエン化工、化工機部門より、分離独立し、チタン部を設立。
1987年11月
チタン加工・販売を主体とし、チタンに関するエキスパートを含め、 新金属工業(株)を豊中市上津島に発足し、チタン・ハステロイC等 高合金の加工・販売を開始する。
1988年12月
台湾・香港・韓国等にチタン素材の輸出を始める。
1990年5月
第2工場を豊中市今在家町に設置。流通の基点とする。
2001年6月
海外生産協力の開始。
2008年8月
第二工場を豊中市上津島に移転

交通アクセス

電車でお越しの場合
阪急電車 宝塚線 最寄り駅の庄内駅から徒歩20分程。
阪急電車 神戸線 最寄り駅の園田駅から徒歩20分程。
 
バスでお越しの場合
阪急バス 今在家駅 徒歩3分。
 
車でお越しの場合
阪神高速及び、名神高速 豊中南インター出口から2分。

▼お気軽にお問い合わせください

 
0
0
7
9
3
8
TOPへ戻る